とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

タグ:金融知識

4月20日(月)からこつこつ電車の行きかえりで読んで読了。
途中2日くらいは眠すぎて全く読めていないとはいえ、
1週間で1冊というのはペースが遅い、、、もっと早く本が読めるようになりたいものです。。。

トップエコノミストが教える
金融の授業(上野泰也)

この4月に公共系の部署から金融系の部署に異動しました。
プロジェクト自体は代わらないのですが、
今後は、多少(願望も含めて)金融系の話をする機会が増えそうです。

・・・ということで、5月上旬までは自分のアタマに
金融基礎知識を詰め込む基幹と位置づけて、
本を読み漁ろうと思っています。

ただ「そもそも『金融』って何?何がわかれば『金融がわかる』なの?」

それを知りたいと思って手に取ったのがこの「金融の授業」

本書は「金融」という言葉の定義から始まり、
金利と短期金融市場、債権と長期金融市場、
外国為替市場、株式市場ときて、
デリバティブ・証券化の基本、金融商品の基本 ・・・と、
基本中の基本なんだろうなーと思う内容がつらつらと書かれています。

「1冊目」として読み終わっていうのも恐縮ですが、
ぶっちゃけ、この本は「はじめて」さんより
「2冊目」さんにお勧めです。 

というのも、書店においてある所謂”日本経済入門本"にほ
金融の仕組みを図表で、判りやすいたとえに置き換えて・・・というものが
多々あります。そういった点では多少本書は他の本に劣っていると思います。 
(証券化の仕組みについては難しく思われがちだからか(?)
説明が詳しくてとても判りやすかったです)

ただ、基本的な金融知識を押さえた上で、
「今後何を見てさらに勉強していこうかな? 」という人にとって、
うれしいんじゃないかとおもう記載があるように思いました。
・TIBORって?
・日銀の「量的・質的金融緩和」って?
・イールドカーブで金利の方向性を知るって?
・株価を動かす要因とその指標って?(6つ要因を記載)

 というわけで、私は1冊目に読んじゃったけど、
これから読む人はやさしい経済関係の本を読んでから、
よむのがお勧め。


・・・ところで「金融」と「経済の本」ってどう違うんだろ。
 「経済『学』の本」となるとまた上記2つと違うのは判るんだけどな。 

その理由は2つある。1つはこのブログには結論しか書いていないから。2つは私に知識がゼロだから。 サラリーマンに必要な最低限の金融知識を考える - Future Insight でもさ、このエントリがはてブ上位にあがってくるということは、これを参考にして使いたい人がすごく沢山いるってことですよね。つまりは、世の中のサラリーマンはちゃんと金融知識をもっていてこの結論しかない記事でも理解ができるから納得しているのか、それか(以下略。 さて、わからないのは不服なので、1つ1つ内容を精査していこうと思う。1項目は至極まっとうな話なのでパス。次。 [note]…インデックスでも同様だが、セレクト型のファンドはもっとだめ。たとえば国内株メインのさわかみファンドがここ数年で半額以下の価値になっていることを考えれば選択肢にもはいらないことがわかるはず。(http://www.sawakami.co.jp/fund/)[/note] 分からない単語は「インデックス」「セレクト型」「ファンド」「さわかみファンド」なんじゃこりゃ。もうすでに心折れそうでございますよ。 インデックス:証券市場全体や特定の証券グループの価格の動きを示す指標 (http://www.smam-jp.com/useful/faq/q4/03.html) セレクト型:セレクトファンドとは、複数のファンド(オープン型)が、グループになっていて、その中から選択(セレクト)して投資をする仕組みのファンドのことです。 (http://www.upperfield.biz/trust-invest/2006/07/post_89.html) ファンド:資金、特に運用資金(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D5%A5%A1%A5%F3%A5%C9) さわかみファンド:株式と現金で運用。現金を一定額持っているために困ったことが起きた時にはこの現金でなんとかできる。しかし景気が一本調子であがっているような局面では現金保有しているため、他のファンドに較べると劣る。 (http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2807274.html) ちなみに
デメリット4:日本のマーケットが効率的ならば、インデックス(TOPIX、日経平均)に負ける可能性が高くなる。 ※効率的市場仮説を参照、ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール著、日本経済新聞社)が参考になります。
うーん、まだまだわからないところだらけだけれど、結局のところ一貫して言いたいのは日本はいま景気が上がってないから日本国内の証券市場、株式市場に投資しても勝ち目ないよってことですかね? 次にこれもよくわからない。 [note]国外に関してはきちんとその国の情勢を考えれば割の良い所もあるかもしれないが、それは個人の能力次第だし、デフレ+円高の現在は現金+国債の運用よりもよいところを探すほうが難しいのでは。 [/note] どゆこと・・・?こういうご時世だとそもそも国債だってそんなによくないんじゃね?(まあ利回りうんぬん以前の問題として、日本国債なんて購入したら今後デフォルトの危険性もかなりあるという問題もあるし)ええー・・・?どういうこと? その次の住宅とクルマの話はOK。検討する価値があるかは正直不明だし、そもそも10年で返せるとかハードルたけーよとか、震災みたいに10年ですべてがなくなるリスクは考慮していない気もするけれど。 そして中期戦略はひたすら分散することを語る。というか、中期のほうが分散しやすいらしい。が、結局そんなに分散するのも簡単じゃないよ的なことが書いてあったりもして、どっちやねん・・・なのである。 結論としては、私の現段階のリテラシーではよくもわるくも(というかよいとかわるいとか確信的にのべられない)この記事をはてブしたりしない。妥当性が低いように思われるし、私の無知を考慮したとしても、妥当性があいまい。 よくわからん('_')  

↑このページのトップヘ