とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

カテゴリ:★Blog★ > プロジェクトマネージャ試験

真面目に勉強を開始して、2日目
本日は机に座って1時間と、電車の中で約1時間半、勉強しました。

やった内容は
・「プロジェクトマネージャ2015」
第4章「品質」の解説読み込み
第5章「要員」の解説読み込み

それから「品質」について、A41枚にまとめようとして、

挫折しました。

挫折の理由はいろいろありますが・・・
もっとも大きい理由は「何を軸にまとめておけばいいかわからない」から。

「プロジェクトマネージャ2015」の第4章を読んでいると、
PMBOK等の”時系列的”な整理と、「テーマ」という2つの整理がされています。
前者は「品質計画」「品質保証」「品質管理」等
後者は「品質の作りこみ・確認」「テスト」「レビュー」・・・等

これらをどうまとめて覚えておくと、午後1や午後2で
「使える」知識なのか、 皆目検討がつかない。
最終的には両方をマトリックス的に抑えられるのが
いいのかもしれないけれど、 はじめからそれはきつい。
(というか気乗りしない。気分的に←)

それから、午後2対策のために「モジュール」を作ろうと思ったけれど、
やはり何をどうモジュール化すればいいのかわからない。
手当たり次第モジュール化する時間はない。
だから、重要なところだけ、モジュール化したい。

でも

じゃあ

重要なとこってどこなのさ?
※昨日の疑問に戻ってきた、、、

まだしばらくはこの悶々としたどーどーめぐりが続きそうな悪寒です。 

PM試験計画をたてて、土日が経過しました。
土日、予定的にはそれなりにあいていたのですが、、、
進捗イマイチでした。

やれたのは
・最強の論述対策(読了)
・最強の記述対策(半分くら読了)  ・・・くらいか?

本日は「プロジェクトマネージャ2015」の
第4章「品質管理」について、以下を実施
※()内は所要時間 
・過去に出題された午後2問題の読込(50分)
・午前2問題解答・自己採点(40分) 

そもそもこの章、正直、所見で何を扱っているのか
イメージできません、、、したがって、「午後2読込み」をしながら、
本章で学習する内容がどのようなものか、というイメージを作りました。

ただ、この「午後2問題読込み」・・・やってみたものの、
どこが要点で、なにを「暗記」しなければいけないのかわからない。
ぶっちゃけすべてが「常識的なこと」に見える。
でも、すべてが「重要なこと」にも見える。

マーカーで線を引きながら読んでいくと、
真っ赤になってしまった。
コレじゃどこを覚えるのか判らん、、、
・・・

というわけで、午後2については、いったん「暗記」度外視で読みました。
午前2までは今日終わったので、明日は、テキストに解答までついている
「午後1」と「午後2」を確認しつつ、午後2の読込みで
何を暗記しなければならないのか(そして、何をモジュールとして持つべきか) 
を検討し抵抗と思います。

このペースだと、1章につき、最低10時間前後はかかりそうな気がします、、、
時間が、たりん。。。 

3/8(日)にTACが開催したPM試験の模試を受けてから、
少しずつ、これまでPM試験に対して抱いてきた
「何モノか判らない感」 が解消できてきました。

そこで、改めて4/19(日)のPM試験で合格するための
スケジュールを立て、これから実行していこうと思います。
 
まず、前提として。
私はこれまでに基本情報の取得はしているものの、
応用および高度の取得がないため、対策は「午前1」も必要です。
そして、もちろん、論文試験ははじめてです。

したがって、私が立てた計画は
以下の制約条件下での計画です。
●期間 :5週間
●スコープ :午前1対策~
        午後2対策まで
●経験値 :非SE,ITプロジェクトのPM経験はほぼない
        ※IT関係のプロジェクトのPMOの経験はあるものの、
         開発工程のPMというよりも、ITに関わりの少ない
        「プロジェクトマネジメントの制度作り」が私の担当部分でした。

使用する教材は
①うかる!プロジェクトマネージャ2015(三好康之・富原祐)
②プロジェクトマネージャ最速の記述対策 午後Ⅰ(三好隆宏)
③プロジェクトマネージャ最速の論述対策 午後Ⅱ(三好隆宏)
④過去問(①の本のweb補足資料)
⑤ 応用情報技術者試験 午前対策(五十嵐聡)
⑥TAC添削教材
数が多いように見えますが、②③は読み物としては
約1時間で読み終わる代物だと判断したため、
投入しました。

【A.机についてやるもの】 
1.②③の読込み
2.午後Ⅱ虎の巻作成(プロジェクト概要作成含)
3.午後Ⅱ章立て等作成(各PM領域3問程度)
4.午後Ⅱ実践、自己採点(週1回、1問)
5.午後Ⅰ 実践、自己採点(各PM領域3問程度)
6.午前Ⅰ、午前Ⅱの復習 

【B.電車内等でやるもの】
1.午前Ⅰ実践l、自己採点
2.午前Ⅱ実践、自己採点
3.午後Ⅱ虎の巻の復習
4.午後Ⅱ問題読込み

【進め方】 
3/14,15 :①第1章~第4章まで(Aの2、3)実施
  ②③の読込み
  ⑥添削教材の第1回分完了
3/16週平日 :①第1章~第4章まで(Aの5,6)実施
  ①第5章まで(Aの2、3)実施
3/21,22 :①第5章まで(Aの5,6)実施
            ①第6章~第7章までの(Aの2、3、5、6)
3/23週平日 :午後Ⅰ実践および午後Ⅱ実践
3/28.29 :(この週の週末は予定有)
4/1以降 :復習・予備

さて、、、こんなにうまく進むかな・・・?
 

参考にしたPM試験の合格体験記をまとめました。(2015.3.10改)

1.まとめのまとめ
【参考書】
 -午前2
        体系的な知識はみよちゃん本or完全教本の二択
   ポケット系のやつをもう一冊チョイスする人もいる
 -午後2はこれまたみよちゃんの最速の〜本or合格論文の書き方・事例集

【勉強期間】
 -どれくらいがいいか、わからずw
   そもそも私と同じように午前Ⅰも必要、SE経験なし、という受験者が
   合格体験記見る限りではほぼいない
 →ある程度余裕を持って勉強期間・時間を確保せざるを得ない
※追記
・・・とか書いておきながら2018.3.10現在までにやったのは
①午前2を2分野解く(復習はしてない)
②TACの模試を受ける
だけである。
ホント、自分のクズっぷりにはうんざりする。。


2.参考にした合格体験記集
順番は、これからPM試験をはじめて受ける!という人が
この順番で読むといい感じのマインドセットができるのでは?という順です。
勉強方法立案に当たってのお勧め順は③→④→⑤

24歳でプロジェクトマネージャ試験に合格した
  firisu the shooter
 →文字通り、24歳でPM試験合格
  一発合格、午前免除(AP合格済)、PM経験はたぶんなし、勉強時間50時間
 →論文はプロジェクトマネージャ合格論文の書き方・事例集 (情報処理技術者試験対策書)
 →『大量に論文書きまくれば誰でも合格可能』とのこと
---
2015.3.10追記
勘違いかもしれないが、模試を受けてみて「大量に論文書きまくれば誰でも合格可能」は一定正しいのではないか?と思うようになった。結局行動(=書いて、アウトプットして)ナンボの世界なのかも。


プロジェクトマネージャー試験に受かった勉強法を全部書いておく
 はてな匿名ダイアリー
 →テキストを読みながら自分用のPM虎の巻をつくる、
   という勉強方法が参考になった。その他、日常レベルでどう過ごし、
   どう勉強時間をつくるか、についても言及されている。


PM未経験者のプロジェクトマネージャ試験(情報処理技術者試験)1ヶ月合格体験記
 アニメキャラが行列を作る法律相談所withアホヲタ元法学部生の日常
 →一発合格、午前免除(セキュリティすぺじゃリスト合格済)、 PM経験なし、勉強「期間」1ヶ月
   システム開発を行ったことはない(IT企業の法務部、らしい)
 → 結構いろんな参考書を使っているイメージ。完全教本、合格論文の書き方、
   担当用の本・・・などなどに加え三好隆宏先生の「プロジェクトマネージャ 午後II
   最速の論文対策 」がお勧めされていた。
---
2015.03.10追記
最速の論文対策をお勧めしている理由として記載されている
試験前に「モジュールを作っておく」というのは、②のブログで紹介されている
自分用虎の巻の作成に似てる作業かと思う。それから、論文の書き方事例集を
使った理由にあるPM経験を補うため、というのが、同じくPM経験の浅い私にとって、
勉強法の参考になりそうだな、と思う。 


④ H25 プロジェクトマネージャ試験合格への道
 ひっきぃのメモ帳
 →2回目合格、午前免除(高度にいくつか合格)、SE?
 →論文は合格論文の書き方&最速の論文対策の2つ。
 →別記事で受験後の再現答案などを公開している。
---
2015.3.10追記
③ のブログで紹介されている「合格論文の書き方・事例集」を、足りないPM経験の
補足としてストックしていく具体的方法は、このブログに書いてある「骨子に戻す(モジュールにする)」
という方法かなー、と読みながら思った。


プロジェクトマネージャ試験の勉強法まとめ
 まとめwiki
 → 勉強法に関する説明が非常に詳しい。
---
2015.3.10追記
詳しすぎて、初めて読むのには向かない 。けど、学習が進んでくると非常に勉強になりそうな具体的な対策が書かれているように思う。(今の私にとってはまだ早そうだけど)


以上

春のPM試験に合格する、と決めてから、
合格体験記ブログを読み漁っています。 

ただ、読んでいて、今の自分の位置を考えると
合格体験記の鵜呑みも危険だなあ・・・と思わざるを得ない。

合格できる試験勉強がどんな勉強方法であるかは
下の3点で説明できるのではないかと思うのです。
①どのくらいの知識・能力のある人間が
②どれくらいの時間かけて
③何をやったか


この3点がすべて具体的な体験記はあまりないし、
あったとしても、①②が現在の私に当てはまらないことが多い。

たとえば、合格体験記読んでいて
よく出てきたのが「①知識・能力」が
”午前Ⅰ試験免除”という人。

つまり、勉強開始時点において、AP等、
IPAの何らかの高度試験に2年以内に合格している人。
私はこれには当てはまらない。午前Ⅰ試験も含めて、
対策を実施する必要がある。

あるいは、既にPM経験がある。SE経験が5年~10年。
こういうのも、もともと私よりアドバンテージがあったといえるケースだと思う。
こういう人の合格体験記を鵜呑みにして

「この人とおなじようにすればおなじように合格する!!」
と思ったら、たぶんすんごい痛い目みる、とおもう。



それから「②どれくらいの時間をかけて」について。
体験記に良くありがちなあおりとして「1ヶ月で合格」とか
「3ヶ月で合格」なんてのがある。

しかし、よくよく読んでみると、このテの合格体験記では
平日帰宅後に2,3時間も勉強していたりする。

そんな勉強の仕方は今の私には不可能に近い。※不可能だ、とはいわんが

私の平日の帰宅時間は大体夜11時半
そこからお風呂入って12時半
翌日の仕度したりストレッチしてるとあっという間に1時
翌朝7時には起床することを考えると
極力1時までには寝たい。(実際には2時頃寝ている)

・・・勉強期間を延ばす、時間のやりくりを考えるなど、
何らかの施策を講じる必要がある。


さあて、どうすっかね、、、

↑このページのトップヘ