とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

カテゴリ:★Blog★ > プロジェクトマネージャ試験

やはり平日はなかなか勉強時間が確保できません・・・

が。

締め切り効果からか、電車内での集中力が高まっていて、 
午後1対策でやっている問題集の進捗がいい。

1ヶ月前は、”1日10問やれば、30日で1週だな~(合計300問)”
という 計画を立てていたにもかかわらず、その、
1日たったの10問をすることができなかった。

にもかかわらず。
この2日は1日約70問ずつ進められている。

このペースでいけば、少なくとも午後1対策は、
予定範囲まできっちり終わらせることができそう。

あーーー、なんでこれが1ヶ月前には
できないんだろうなあ・・・。。。 

試験まであと5日。

▪️今日の良かったところ
→電車内で午前1対策がはかどったこと

▪️今日のよくなかったところ
→電車内でねたこと
→家で寝たこと

…どうも、寝てばっかです。
あかん、あかんわ…
少しずつ進歩はしているけれど、とろすぎる。。

明日からはレッドブル投入も辞さない構えでがんばろ。
まずは仕事を早く仕上げて帰る。
明日は18時退社目標!

完全に自分自身のための、覚書。

私は、SEではありません。
システム「コンサルタント」です。

今の仕事は、ある大きな会社の再構築プロジェクトの
「全体」PMOをしています。
自分の仕事は「プロジェクトマネージャ」的な仕事だと思っていて、
春の試験の受験区分を「PM」にしました。

ただ、勉強をしてゆくうちに、
私が「全体PMO」としてやっていることと、
IPAの試験区分である「PM」の役割は、
それなりに違うなあ、という気がしてきました。

私が今行っている「全体 PMO」は
複数の開発プロジェクトがあるなか、
個々の開発プロジェクトの現場から多少距離がある
各開発プロジェクトを束ねる立場 。
一方IPAが想定する「PM」は、(うちのプロジェクトでいえば)
個々の開発プロジェクトを指揮する立場。

PM勉強していなければ、気づかなかったかも。
これに似たような現象、もしかしたら他にもあるのかも。

SE未経験のシステムコンサルタントならではの強みと、
弱みに、もっと敏感になっていきたい、と思う。 

PMの勉強、結局あまり進まず、試験1週間前まできてしまいました、、、

今の段階だと、
1.午前1・・・ぎりぎりクリアor酷ければ落とす(試合終了)
2.午前2・・・ぎりぎりクリアorかなり酷ければ落とす(試合終了) 
3.午後1・・・基本はクリア?でもあたり悪ければ落とす(試合終了)
4.午後2・・・クリアできる予感がしない(試合終了)

と、試合終了の予感だらけです。。。
泣いても笑ってもあと1週間、がんばろ、、、 

機能に引き続き「プロジェクトマネージャ2015」の
「品質」の章を中心に、なにを自分が勉強すべきか試行錯誤。

・・・しているうちに、ひとつ、見えてきた。
それは、午後2の解答解説を読んでいるとき。
問題には「プロジェクトマネージャとしてのあるべき姿」の
記載はある。でもそれは”経験”ではない。”具体例”でもない。

これを読んで”自分の”プロジェクトマネジメント経験を思い出す
ということができる人であればいいのかもしれない。
でも、私にはそんな経験はない。結局かりそめの”経験”を
アタマに叩き込む必要がある。

そこでおもいついたのが、午後2問題文読み込み+解答解説読込み。
ただし、午後2読み込みを解答解説まで行うとなると、
膨大な時間を要するため「プロジェクトマネージャ2015」にて分類されている
「テーマ」ごとに各1問以上、読み込むようにした。

読み込みを行う際は「自分はこの解答をコンポ化してつかう!」という
意識をもって読み込んだ。もし自分でイメージアップできない場合には、
テキストや別の解答例で自分がイメージできるものを探して、
読み込みを行っているメインの問題の解答例の横にかきこんだ。

これを、私の試験に向けての”虎の巻”にしようと思う。


↑このページのトップヘ