とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

2016年03月

Twitterで友人が「子供も産みたい!キャリアも!とかいうのはワガママっていうんだぞ?」と書いていて、すごく切ない気持ちになった。
※ここでのワガママは文脈上、言ってはいけないこと、を示すと思われる

子供を産むのもキャリアも、というのが、実際問題として難しい、努力が必要、欲張りであることは否定しない。
ただ、それが否定されるべき「ワガママ」だとは思えない。

しかも、子供を産むこと自体は最短1年程度の育休期間の筈。
それなのに、こういう考えの人がいるってことは、いかに男性側が育児に参加しないと決め込んでいるかを表していると思う。

彼個人として、将来の結婚相手にどうあって欲しいのかについては、彼がそのこと話せばいいと思う。
キャリアより子育てを取る女性もいるんだし。

でも一般論としては、出産もキャリアも取ってる女性はいるし、それに成功してる人だっている。
さらにマクロな目線で考えると、日本の労働人口が減っていくなか、子供だけの女性、キャリアだけの女性より、どっちも出来る方が、社会貢献度が高い。

もっと女性のキャリアの可能性を作っていきたいし、その下地となる価値観の醸成をしていきたい。

「信念を持て」

いうのは簡単だけど、どういうことなのだろう。頑固さ、ワガママ、独りよがりとは違う、信念、とは。

私は、議論の文化を根付かせ、人と人とがよりよいコミュニケーションを取ることができるようにすることが、
世の中をワクワクさせていくことにつながる、と信じて行動している。
これは信念?
どのくらいのスケールの話なんだろ。


最近、yentaというAIを使ったマッチングサービスを試用中。

ここのところ、人間関係が内向きだから外、特にアグレッシブな業界に向けたい。
あと、AIによるマッチングというサービスそのものへの興味もある。ホントに「マッチング」なのか?

これまでのところ2名お会いした。
全然違うタイプの方だけれど、スタートアップ界隈への大人のOB訪問?のようで、ビジネス書などでは得られない生声を聞かせていただき、とても勉強になった。

が、まだたった2人にしか会ってないのに、だんだん連絡とって日程調整するのが億劫になってきている自分がいて、うんざりする。
どんどんアボ入れていかないと挫けちゃいそうだー。

ガンガン攻めよう。

達成の歯車が回り始めたなぁと思う。
これまでわたしはなんやかんなもやもやしていて、やりたい!と思ってきたことをきっちり達成できずに来てた。

でも4月のプロジェクトマネジメント試験B判定、10月のITストラテジスト合格、今回のJDA優勝など、大きなスパンで段々と自分がしたいことを達成できる歯車が噛み合い、回り始めてきた気がする。

まだまだ、もっともっとやりたいことはある。気を抜かずにひとつひとつ達成していきたい。

4月
プロジェクトマネジメント試験合格

10月
秋JDA優勝、ベスディ
※自分が指導する立場で、後輩と組む
今回のように「Aさんに負けた」と言われるのではなく、「くりこさんに負けた」と言われる試合展開に持ち込む。
バロットで今回のAさんを上回る。

12月
TOEIC840点達成
※点数はもう少し上振れありかも

昨日、年始のハロコンで一目惚れしてファンになったアンジュルムの単独ライブに行ってきました。
オールスタンディングのライブハウスや握手会に参加するのは人生初。

開幕後からものすごい熱気。
ハロコンは中野サンプラザだったからメンバーは豆粒のようにしか見えなかったんだけど、今回は近い。肉眼で見える。
わたしの推しメン佐々木莉佳子ちゃんのキレキレダンスがわかる。

終わったあとの握手会。
メンバー全員とほんの一瞬ずつ手を握れるのですが、
その一瞬で莉佳子ちゃんはわたしの左手にしていた黄色(メンバーカラー)のシリコンリングに気付き、握手のあと手を振ってくれました。
きてよかったー!!!
シリコンリングつけていってよかったぁぁ!!

これで調子に乗ったわたしは最後にいた新メンバーの上國料萌衣ちゃんにも「わたしも熊本出身です!」と叫んで帰りました。
大満足。

パワーチャージできました。
アイドルって偉大。

↑このページのトップヘ