とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

2015年04月

完全に自分自身のための、覚書。

私は、SEではありません。
システム「コンサルタント」です。

今の仕事は、ある大きな会社の再構築プロジェクトの
「全体」PMOをしています。
自分の仕事は「プロジェクトマネージャ」的な仕事だと思っていて、
春の試験の受験区分を「PM」にしました。

ただ、勉強をしてゆくうちに、
私が「全体PMO」としてやっていることと、
IPAの試験区分である「PM」の役割は、
それなりに違うなあ、という気がしてきました。

私が今行っている「全体 PMO」は
複数の開発プロジェクトがあるなか、
個々の開発プロジェクトの現場から多少距離がある
各開発プロジェクトを束ねる立場 。
一方IPAが想定する「PM」は、(うちのプロジェクトでいえば)
個々の開発プロジェクトを指揮する立場。

PM勉強していなければ、気づかなかったかも。
これに似たような現象、もしかしたら他にもあるのかも。

SE未経験のシステムコンサルタントならではの強みと、
弱みに、もっと敏感になっていきたい、と思う。 

2016卒?の就職活動も、じょじょに本格化し始めているようです。

先日はOB訪問のため、某横浜の弊社拠点にいったり、
知人からES添削を頼まれたり。

で、ES添削をいていて良く思うことがある。
それは「設問は正しく読み、正しく答えよう」ということ。

当たり前ジャン、とおもうじゃないですか。
おそらく、みんな書き始めはちゃんと設問を正しく読み、
正しく答えようとしているんだとおもうんです。

でも、書いては消し、書いては消しを繰り返すうち、
一番はじめに読んだ「設問の正しい読み」を失念してしまっている。

設問が「挑戦」をかけ、なら、「やったこと」じゃなくて
難しいと思われる壁に対して挑み、戦ったことを書くべき。
(何が難しくて、そこに対してどんな手を打ったのか)

「自分ならではの工夫」が問われているならば、
単なる「工夫」ではなくて、せめて、自分らしさを出してほしい。
自分「独自」なんてものはたぶんないと思うのだけれど、
その工夫を選択した背景には、突き詰めて考え、思い出すと、
自分が興味あること・好きなこと・嫌いなこと等・・・「自分らしさ」があるはず。 

これまでそこそこの人数の就活生としゃべってきたと思うけれど、
私の知る限り「その人らしさ」のない人間なんて皆無。
みんな、何かしらもってる。趣向がある。
自分で見つけられてなかったり、言語化して表現できてないだけ。

もったいなーーい!! 

PMの勉強、結局あまり進まず、試験1週間前まできてしまいました、、、

今の段階だと、
1.午前1・・・ぎりぎりクリアor酷ければ落とす(試合終了)
2.午前2・・・ぎりぎりクリアorかなり酷ければ落とす(試合終了) 
3.午後1・・・基本はクリア?でもあたり悪ければ落とす(試合終了)
4.午後2・・・クリアできる予感がしない(試合終了)

と、試合終了の予感だらけです。。。
泣いても笑ってもあと1週間、がんばろ、、、 

ランチの開拓を始めました@川崎

昨日、ランチに行く途中で見つけた真新しい雰囲気の「サンディアンケバブ」というお店。

今日はお弁当だな、という日だったので行ってきました。
※いってみてわかったのですが、店内に3席イートインもあります。
面構えがかわいい。

メニューはピタパンケバブ(500円)とケバブ丼(550円)とお弁当(550円)
がっつり食べたい気分だったのでケバブ丼にして、さらにお肉大盛り(+100円)にしました。
肉大盛りにしたら、ご飯よりも肉が多かったw
ケバブってご飯と合わせても美味しいんですね。

また普通のお弁当に飽きてきたら
チキンケバブのお弁当買おうかな。
次はピクルス(トッピング)にもチャレンジしたい。

Sandiankebabu(サンディアンケバブ)
https://m.facebook.com/sandiankebab?refsrc=https%3A%2F%2Fja-jp.facebook.com%2Fsandiankebab

機能に引き続き「プロジェクトマネージャ2015」の
「品質」の章を中心に、なにを自分が勉強すべきか試行錯誤。

・・・しているうちに、ひとつ、見えてきた。
それは、午後2の解答解説を読んでいるとき。
問題には「プロジェクトマネージャとしてのあるべき姿」の
記載はある。でもそれは”経験”ではない。”具体例”でもない。

これを読んで”自分の”プロジェクトマネジメント経験を思い出す
ということができる人であればいいのかもしれない。
でも、私にはそんな経験はない。結局かりそめの”経験”を
アタマに叩き込む必要がある。

そこでおもいついたのが、午後2問題文読み込み+解答解説読込み。
ただし、午後2読み込みを解答解説まで行うとなると、
膨大な時間を要するため「プロジェクトマネージャ2015」にて分類されている
「テーマ」ごとに各1問以上、読み込むようにした。

読み込みを行う際は「自分はこの解答をコンポ化してつかう!」という
意識をもって読み込んだ。もし自分でイメージアップできない場合には、
テキストや別の解答例で自分がイメージできるものを探して、
読み込みを行っているメインの問題の解答例の横にかきこんだ。

これを、私の試験に向けての”虎の巻”にしようと思う。


↑このページのトップヘ