とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

2012年12月

Facebookの公開グループ『行政/政治分野のソーシャルメディア活用を研究する会』のみなさま、入会をご承認くださったイケダハヤトさま、ありがとうございます。 私はいま、ソーシャルネットワーキングサービスをつかった街づくりについて、Co-Create-Tsukubaという取り組みに参加しています! Co-Create TsukubaのFacebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.jp Co-Create Tsukubaでは、市民一人ひとりが自由に発言・提案でき、交流できる”世界一住みたい街の実現”を目指しています。Vision,Missionなどは後述するとして、具体的には大きく分けて2つの取り組みをしています。 1、人と人とのつながり、絆づくりのお手伝いをする ・Facebook勉強会(述べ15回、参加者約300名!)を開催することによって、つながるためのツールの使い方を共有。登録の仕方、どんなものをウォールに投稿すればいいのか、というものや、SNSをはじめて使う人には気になるであろう「プライバシー設定」のやり方などまで。最近ではレベル別の勉強会も検討中です。 ・つくばについて考える交流会。参加者は生まれも育ちも年齢も今やっていることも人それぞれですが、新しい絆がどんどんひろまっていっています。 2、街づくりアイディア公募・投票、アイディア実現に向け市議会への提案などをおこなっています。 Facebookページ上のウォールで、街づくりに関するアイディアや提案を募り、2か月ごとに集まったアイディア・提案をfacebookの「アンケート」機能を使って投票。多くの人から支持をあつめた提案に関しては、パートナー市議会議員の方が実際に議会で提案します。(※特定の政党に偏りなく数名の議員さんにご協力いただいています)あるいは、案件によってはCo-Create Tsukubaで全面サポートしつつ、民間・NPO・市民活動での実現を目指します。 (実際に9月につくば市議会に提案した「無料高速無線LANの市内整備による防犯・災害に強くイノベーションの生まれる街づくりについて」は、プロジェクトとして動き始めています!!例:ソフトバンク様から協力のオファーを頂きましたhttp://p.tl/2Zrf 来年以降の広がりとしては ・市民団体から社団法人へ。活動内容もより計画的・本格的に、より価値のある活動を行っていきます。 ・現在Tsukuba、Iwaki、Kasama、Ishiokaと4つあるCo-Createの活動の拠点を増やしていくためにCo-Create支部設立の勉強会や、facebook勉強会をよりたくさん開催できるようにするためのfacebookトレーナー研修会の実施(現在もすでに実施中) ・街、食、学、ITなど多角的な視点からの「絆」づくり支援を展開する(街、学、ITについては上記のようなプロジェクトで実施、食については「GOKIGEN」プロジェクトを展開中http://www.facebook.com/gokigen.jp ) 以下、facebookページの基本情報より転載 ------------------------------------------------------------------- ☆★☆Co-Createが目指すもの★☆★ 「市民一人ひとりが自由に発言・提案でき、それが市政に反映される"世界一住みたい街の実現"」 ☆★☆Co-Createの行動指針★☆★ 1.人と人のつながり・絆づくりをお手伝いする。 2.一人ひとりのアイデア・提案を共有し、活発な意見交換を経て市政に反映してもらう。 3.「出来ない理由」ではなく「実現するための方法」に注目する。 4.特定の政党や既得権益・思想に囚われず、市民一人ひとりの考え・提案に注目する。 ☆★☆Co-Createへの参加方法★☆★ 1.まずはページの上部にある「いいね!」ボタンを押しましょう! 2.皆の投稿やコメントを読み、気楽に「いいね!」を押しましょう。 3.自分のアイデアや提案を気軽に投稿しましょう。 4.提案がある程度形になり、多くの人の支持を得たものはパートナー市議会議員が実際に議会で提案します。案件によっては、民間・NPO・市民活動などで実現を目指すことも。 参加資格:つくば市に住んでいる人はもちろん、市民の声を反映した街づくりに興味のある方なら誰でもOKです。 ------------------------------------------------------------------- よかったらCo-Create Tsukuba、応援してくださいね★ Co-Create TsukubaのFacebookページ http://www.facebook.com/tsukuba.jp

さいきんちょっと忙しくてなかなかブログの更新が追い付いていませんが、時間を見つけて書き溜めていこうと思います\(^o^)/ で、前回の続き。 302リダイレクトの具体的方法に関してです。 302リダイレクトと301リダイレクトとの違いはリダイレクトまでの時間が1秒か2秒かではないよ!という話は先日書いた通りです。 方法は以下 (ちなみにほかにも方法はいくつかあります。例) 1、Javaで記述 <SCRIPT type="text/javascript"> <!-- setTimeout("link()", 0); function link(){ location.href='新しいURL'; } --> </SCRIPT> リダイレクトまでの秒数を調整したいときには、赤字部分を好きな数字にしてください^^ 2、head内に
<meta http-equiv="refresh" content="0;URL=新しいURL"> これも赤字部分をかえると転送時間が変わりますこんなかんじで。

301リダイレクトの話の続きです。今回は実践編。 301リダイレクトの方法は2つ 1、.htaccessというファイルにリダイレクトを記述してサーバーにアップする 2、PHP等で記述する 以下、301リダイレクト基礎のまとめ+1【SEOブログ~とある会社で、SEO対策~】で、勉強しました。 ★方法1★ .htaccessというファイルにリダイレクトを記述してサーバーにアップする (1)「.htaccess(ドット・エイチ・ティー・アクセス」というファイルをつくるのですが、そのままでは作れないので、a.htaccess等で保存して、いったんサーバーに上げてから、ドットの前の文字を消して作成します。アップする場所は、ルートディレクトリまたは、リダイレクトを行いたい階層のトップ。 (2)ファイルにリダイレクトのコードを記入。 コードの例 ●トップページを新しいドメイン(www.new.com)に301リダイレクトする Redirect 301 / http://www.new.com/ ●フォルダ(/old/→/new/)を301リダイレクトする Redirect 301 /old/ http://www.sample.com/new/ ●サイトの全ページを新しいドメインのトップページへ301リダイレクトする RedirectMatch 301 (.*) http://www.new.com/ サーバーによって事なりますが、「Mod-Rewrite」というプログラムをサポートしている時に使える便利な301リダイレクトです。 ●サイト全体を(階層やページを含め丸ごと)301リダイレクトする RewriteEngine On RewriteCond %{http_host} ^www.old.com RewriteRule ^(.*) http://www.new.com/$1 [R=301,L] ●wwwなしのURLを入れた時にwwwありのドメインに301リダイレクトする Options +FollowSymLinks RewriteEngine on RewriteCond %{HTTP_HOST} ^sample.com RewriteRule ^(.*)$ http://www.sample.com/$1 [R=permanent,L] ※動かない場合はOptions +FollowSymLinksは外してもいい場合があります。 ※コンピュータの言語環境によっては「.(ドット)」の前に「\(バックスラッシュ)」や「¥(円マーク)」が入る場合があります。 .htaccessがつくれない環境のときには、PHP等で記述します。逆に考えれば、PHPすら使えない環境の時は、301リダイレクトは使えません。(つまり、アメブロはPHPつかえないとおもうんで、301リダイレクトは無理です) ★方法2★ PHP等で記述する <?php header ('HTTP/1.1 301 Moved Permanently'); header ('Location: http://www.new.com/'); exit (); ?> ここで、重要なのがheader ('HTTP/1.1 301 Moved Permanently');記述。これがないと301リダイレクトにならないので、気をつけて下さい。逆にexit ();は記述無しで動作する場合もあります。 というかんじらしい。 302リダイレクトの方法に関しては次回。

まじなきたい。超ながいエントリを書いたのに投稿エラーで消えてしまった。すでにつぎのページにうつっていたため記事は戻らなかった・・・アーメン。アメブロさんもうちょっとがんばってくださいm(__)m さて、あのあとリダイレクトについていくつか調べました。 ちなみにリダイレクトというのは、redirect、転送っていういみで、それをやると見た目上はあの、たまにみる「このページはあと5秒で新しいページに飛びます」みたいに書いてある時と同じような挙動を示す。つまり、そのページからべつのページにとばされる。 それと、見た目上じゃない、SEO上の「転送」がある場合もある。これが、301リダイレクトと呼ばれるリダイレクト。これをやるとなにがいいかっていうと、たとえば昔っからやってたHPがあるんだけど、こんど新しくドメイン取得してそこでHP作り始めた。このとき、ふつーにやってたらまったく新しいドメインなんだから、1からSEOスコアを集めなきゃいけない。これは大変。 そこで301リダイレクトをつかうと、昔のHPのSEOスコアを新しいHPに転送して、引き継ぐことができるようになります。これによって、新しいHPも昔からの蓄積を引き継ぎながらやっていける。 一方、302リダイレクトというのは、転送は転送でも見た目上の転送しかなくって、SEOスコアは引き継がれない転送。 で、まず1ついいたいのが、301リダイレクトと302リダイレクトとの違いは転送までの時間が0秒かそれよりも長いかではない、ということ!!ここは前回のエントリからの訂正です。同やら昔はhead内に記述したものの秒数を0にするだけで301リダイレクトになってたらしいのですが、最近は 1、[.htaccess]というファイルにリダイレクトを記述してサーバーにアップする 2、PHP等の転送プログラムを使用する この二つの方法でしか301リダイレクトはできないようです。(2011/12/11現在) 具体的な301リダイレクトの方法は次に記述します。

今日は301リダイレクトと302リダイレクトのお話です。 301リダイレクトというのは、昔からHPやってたんだけど、新しいドメインを取得して新しいHPにしてリニューアルしようかなっていうときに、1からSEOスコアを集めるのは大変だから昔のHPからSEOスコアを引き継いで転送するという方法です。 一方、302リダイレクトというのは、301リダイレクトと同じように昔のHPから新しいHPに転送するのは同じなのだけれど、SEOスコアは引き継がない、というもの。 今回、私は旧ブログからのSEOスコアを引き継ぎたくて(といっても大したブログではないのだが・・・)301リダイレクトのタグをブログのフリースペース(HTML可)にブチ込んでみました。 こんなの <html><head> <meta http-equiv="refresh" content="0; url=新URL"> </head><body></body> </html> このブログからぱくってきました 301リダイレクトで旧URLのSEOスコアを新URLに転送する。旧URLは削除するな 『格安SEO対策会社トンちゃん‐低価格・高品質』 とはいえ、果たして本当に301リダイレクトされてるのかわかんないです・・・(+_+) 上記ブログには ●301リダイレクトは、0秒で転送するやつ ●302リダイレクトは、1秒~で転送するやつ という分類になっているのだけれど、 もっとよく調べてみたところ、301リダイレクトと302リダイレクトとの違いはそんな簡単なもんじゃありませんでした。詳しくは301リダイレクトでSEOスコアの引き継ぎは・・・できているのか!?2をごらんください。 ****************************** 以下は旧ブログ(アメブロ)での実験なのでのこっていません 1、そもそもアメブロ間でのリダイレクト、ドメイン名は一緒(cyberagent.co.jp)だから通常の301リダイレクトが想定しているパターンとは違う?気がする。(でもSEOの評価はアメブロ間でも違うからいみがあるのかなあ?) この辺は私の勉強不足ゆえ、よくわからん。 2、すくなくとも即座には変化しないらしい(ブラウザの拡張機能でPRが表示される機能を使っているのだけれど、PRは依然このブログ0のままです。旧ブログはPR1) ****************************** 追記 ブログ移行後については、アメブロ自体のもつオーソリティがなくなったためPR低迷しています。これがあがってくるようになったら、ちょっとうれしいかも。

↑このページのトップヘ