先週の朝活読書会でテライヒロさんからご紹介いただいた
精撰「社長の手帳」(佐藤満)を読みました。
本日はその続きです。

2つめにご紹介したいのはこちら
コンセンサスを待っていたのでは、
目的を達成することはできない
p.66
一見、独裁者を想起する「ヤバい」名言のようにも見えますが・・・
新しいことを始めたい、と思っている
今の私にはとても刺さりました。

コンセンサスを得る、
つまり多くの人の同意を取り付けることができることとは、
多くの人が安心して同意できるアイディア。
つまり、非常に凡庸なアイディア。

でもリーダーシップを取ろうと思ったら、
なにか新しいことを始めようと思ったら、
今までのやり方ではないこと、
つまり「凡庸ではないこと」を推し進めなければならない。

ここでもし「みんなの同意を得てから」動こうとしてしまうと、
同意を得られた時にはもうそれをすることの価値が小さくなってしまっている。
そうではなく、とにかく動いて、
動きながら周りの同意を取り付けていく。
周りの人を巻き込み、引き込み、納得させる力が、
リーダーには求められているんだと思う。

私もしっかり人を巻き込んで、引き込んでいきたい。