2年通い詰めたお客様先への訪問が、
本日最終日でした。

振り返ってみると、自分の力不足が情けなくて。

そして「力不足情けない」と言えるほど、2年間気を抜かずに全力でやってこれたかというとそうでもないんじゃないかという気がして自分がまた不甲斐なくて悔しくて。

「大きいプロジェクトで、ちっぽけで無力な私には状況を大きく変えることはできなかったんです」

こう言い訳することは簡単。
多分周りもそれで認めてくれるんだと思う。

でも個人的にはやっぱり悔しい。
この悔しさ忘れずに次に活かしたい。