Twitterで友人が「子供も産みたい!キャリアも!とかいうのはワガママっていうんだぞ?」と書いていて、すごく切ない気持ちになった。
※ここでのワガママは文脈上、言ってはいけないこと、を示すと思われる

子供を産むのもキャリアも、というのが、実際問題として難しい、努力が必要、欲張りであることは否定しない。
ただ、それが否定されるべき「ワガママ」だとは思えない。

しかも、子供を産むこと自体は最短1年程度の育休期間の筈。
それなのに、こういう考えの人がいるってことは、いかに男性側が育児に参加しないと決め込んでいるかを表していると思う。

彼個人として、将来の結婚相手にどうあって欲しいのかについては、彼がそのこと話せばいいと思う。
キャリアより子育てを取る女性もいるんだし。

でも一般論としては、出産もキャリアも取ってる女性はいるし、それに成功してる人だっている。
さらにマクロな目線で考えると、日本の労働人口が減っていくなか、子供だけの女性、キャリアだけの女性より、どっちも出来る方が、社会貢献度が高い。

もっと女性のキャリアの可能性を作っていきたいし、その下地となる価値観の醸成をしていきたい。