私の通っていたフィリピンの語学学校CIPには、EOP(English only policy)というものがありました。
どういうことかというと、読んで字のごとく・・・学内は英語で会話をすることが求められます。
たとえ日本人対日本人の会話であっても。
もし英語以外で話しているのが見つかったら、これもWARNINGの対象です。 
  このpolicyは私にとって非常に有難かったです。

今回学校選びで重視したのは「日本人比率」でした。
できるだけ日本人の少ないところに行きたい、と考えてCIPを選びました。
が、きてみてびっくり…約半数くらいが日本人だと思います。
お陰さまで日本人に対するCareはかなり厚く、食事も韓国料理と日本料理が半々くらいだったのですが、
せっかく海外にいるのに英語漬けの環境にできないのか・・・と
初日はがっくりしました。 
  でも日本語をしゃべることが公に許されるのは1日目まで。
2日目以降は日本人の友人ともできる限り英語で話していました。
もちろん、どうしても伝えられないことについては日本語で補うこともありましたが、
大半が英語だったため、日中は完全に頭が英語モード。
これはかなり英語学習に効果的だったように思います。

ただ、これは私の友人のお陰でもありました。 
  私の友人が私が英語で話しかければ英語で答えるようにしてくれていたし、
私に対して英語で話しかけるようにしてくれていました。
どんなに学校の環境がよくても(EOPがあっても)、
自分が仲良くするひと次第では、せっかくの
フィリピン語学留学なのに日本語で生活・・・というひとも。
今後留学に行く人は自分がなぜ、
今、フィリピンにいるのか?ということを
強く意識しながら行動することをお勧めします。 IMG_20121231_120021