まじなきたい。超ながいエントリを書いたのに投稿エラーで消えてしまった。すでにつぎのページにうつっていたため記事は戻らなかった・・・アーメン。アメブロさんもうちょっとがんばってくださいm(__)m さて、あのあとリダイレクトについていくつか調べました。 ちなみにリダイレクトというのは、redirect、転送っていういみで、それをやると見た目上はあの、たまにみる「このページはあと5秒で新しいページに飛びます」みたいに書いてある時と同じような挙動を示す。つまり、そのページからべつのページにとばされる。 それと、見た目上じゃない、SEO上の「転送」がある場合もある。これが、301リダイレクトと呼ばれるリダイレクト。これをやるとなにがいいかっていうと、たとえば昔っからやってたHPがあるんだけど、こんど新しくドメイン取得してそこでHP作り始めた。このとき、ふつーにやってたらまったく新しいドメインなんだから、1からSEOスコアを集めなきゃいけない。これは大変。 そこで301リダイレクトをつかうと、昔のHPのSEOスコアを新しいHPに転送して、引き継ぐことができるようになります。これによって、新しいHPも昔からの蓄積を引き継ぎながらやっていける。 一方、302リダイレクトというのは、転送は転送でも見た目上の転送しかなくって、SEOスコアは引き継がれない転送。 で、まず1ついいたいのが、301リダイレクトと302リダイレクトとの違いは転送までの時間が0秒かそれよりも長いかではない、ということ!!ここは前回のエントリからの訂正です。同やら昔はhead内に記述したものの秒数を0にするだけで301リダイレクトになってたらしいのですが、最近は 1、[.htaccess]というファイルにリダイレクトを記述してサーバーにアップする 2、PHP等の転送プログラムを使用する この二つの方法でしか301リダイレクトはできないようです。(2011/12/11現在) 具体的な301リダイレクトの方法は次に記述します。