そう言えば私今までにちゃんとSPI対策とかについて書いたことなかったなあ、とおもって筆を執りました。私は、就活生時代、SPIに関しては↓↓のような感じでした。 [note] 就活生らしくSPIでもやってみる件 [/note] しかし最終的に上記試みは失敗に終わりました。何故か?・・・めんどくさかったからですよ。几帳面な方はこの方法でOKだと思います。ただ、私のように几帳面の「き」の字も備わってない人間ははなからこんなことをしてはいけなかったのです。 では、どうしたか? 実践(D)⇒反省(C)⇒リトライ(A) PDCAサイクルの計画(P)を除いた形で行いました。ポイントは、「計画したり考えたりつべこべ言わずに兎に角テストセンターに受けに行くこと」です。そして、復習をみっちりやってください。 良く受験なんかでも「過去問大切」っていうじゃないですか。その応用版です。過去問の存在しないSPIに於いては、実際に受験をしに行くというのが最もシンプルかつ時間が足りないひとのために良いSPI対策です。 SPI受けて帰ってきたら(出来れば帰りに喫茶店とかに寄って)解いた内容を振り返る。私はSPIをテストセンターに受けに行ったときは、テストセンターの所要時間+2時間を確保しておいて、帰りに喫茶店でこれを書く作業をしてました。 こうやって書きなぐっていくと、自分がミスした部分、得意な部分がはっきりわかります。また、SPIって毎回同じような問題が出題されるので、この作業をしておくだけで解答スピードがかなり上がります。もしこうやって復習していて、不得意だな・・・と思う部分があれば、その時初めてSPiのテキストのその分野についてのみ勉強すればいいのです。 私は数学に関しては結構得意だったので補強という意味ではほとんどせず、言語問題のほうのインプットにテキストを活用しました。(苦手なとこだけ切り離して持ち歩いてた) ちなみに、テストセンター本番でそんな試すのは・・・という方。この時期インターンの選考や早目に選考が始まっている企業があります。そういうものを探して、受けてみてください。テストセンターのように、無料で本番のテストが受けられるなんて、めったにないと思いますよ。(普通は模試でもお金かかるし。)