試合運営委員の方から公告がなされたようです http://nade.jp/koshien2012/CautionsAboutHandlingOfEvidence20120501.pdf まあ、NADEでは妥当な対応のように思います。 ・これまではうやむやになっていたネット資料について具体的にこうしてください、ということが書かれた ・英語文献に関してはNO、が明言された というところが大きな変化。 (とはいえ、一つ目については今までだってきちんとやるところはやっていた)   個人的にも身辺が落ち着いてきたので、今後は夏に向けて中学・高校論題でのサプリメントできる程度には準備をすすめていく     ・・・かも?