桜はもう散ってしまいましたが(@関東)、こうして記録は残っています。同じように、生々しい『想い』は風化してしまうが、記録は残る。思いを記録して都度都度振り返ることの大切さを考えてみました。 私は、今までに何回も『想いの風化』を経験してきました。 高校時代は東大受験を目指し、東大行きたい!と凄く気持ちが盛り上がっている時期がありました。が、これがなかなか持続しないんですよね。まあ、勉強になかなか身が入っていかなかった原因にはほかにもいろいろあるなあと思うわけですが、その1つの原因としては『想いの風化』があるように思います。 浪人時代もそう。落ちた時は死ぬほど悔しい。テストの結果が悪いと死ぬほど悔しい。その時の悔しさとか涙は決して嘘ではない。 でも、やっぱり『想い』は風化する。『想い』だけでは物事は動かない。(当然か) そこでですよ、こうやって振り返ればいいんだと考えました。 ①ここに『★振り返り必須』というカテゴリーをつくる。 ②『想い』や『目標』はこのカテゴリにぶち込んでいく。できるだけ『熱い』うちに、自分の言葉で。 ③googleカレンダーで金曜(あるいは土曜朝?)あたりにチェック時間をもうける。 ひとまずこれでやってみようっと~