どうも、くりこです。昨夜は、大学で同じ学類の友人である船山くん(@fnysss)から誘われて某出版社の編集の方々との飲み会に参加してきました。 船山君というのは大学で私が「あ、おもしろい!」って思う友達の1人です。彼自身もかなりいろんな活動をしていて、サークルで長やったりとかイベント立ち上げたりとか、そんなのが得意な人。 そんな彼がアレンジしたのが、今回の飲み会でした。 メンツは出版社の方お2方と学生5人だったんですが、まーもう、彼はきっといろんなことを考えながら人選をしていったんだろうなーと思われるメンツ。さまざまなバックグラウンドをもち、様々な活動を行っている。 ただ、ひとつ共通していたのは、船山君もその他の方々も一様に 『ひとたらし』 なこと。それぞれ手法も活躍する分野もことなるのだけれど、不思議となにかしら興味をそそられるものがあり、不思議と何かしら応援していきたくなる。 人に迎合しているわけではない。むしろ反対意見はきちんとはっきりのべていくような人たち。 敵だって、いないわけじゃない。(2chでdisられたなんて経験が豊富な人も。) でも、なんっていうの? なんっか応援したくなっちゃうんだな。 あたりさわりを好まない生き方は、争いが少なく生き易くて、そこそこに楽しく暮らせるんだろうと思う。でも、彼らみたいな人たちは、衝突を産んだり、それでつらい目に逢ったりなどなどという事件も多分、絶えない。でも、その分とがっていけてそのとがってる部分を気に入った人たちが応援してくれる。幸せの振れ幅もたぶん大きい。 どっちの人生がいいとか悪いとかはない。 でも、少なくとも私は人の目を気にすることをやめた、ちゃんととがっていこうとしている彼らみたいな人に自分もなっていきたいなあ、と思った。 多分、衝突だってある。八方美人にはなれない。そのうち2CHで私のことが書かれてDisられるのかもしれない。 でも、それを「構わない」「気にしない」っておもって、どんどん自分を出していけるような。そんな生き方。   人の目を気にしながらこそこそ生きてくのはもう飽きた。