とつげき★マトはどこだ?(後藤くりこBlog)

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

8/7に箕輪編集室関係の方からご招待いただき、佐藤詳悟さんと箕輪さんの対談「セルフプロデュースの方法」に参加してきました。

尚、佐藤詳悟さんとは、こんな経歴をもつ、PRのプロです。
・元吉本で有名芸人のマネージャーを歴任
・2015年独立し、PRエージェンシー「QREATOR AGENT」を起業
 女子高生起業家の椎木里佳や筑波大学の助教の落合陽一など200名以上のPR業務を実施
・2016年コンテンツプロデュース会社「FIREBUG」を起業
 メルカリやMERYのマーケティングのコンテンツプロデュースやテレビ番組、
 AbemaTV、LINELIVEなどの番組プロデュースを実施

これまでの箕輪編集室のセミナーは、比較的、パッション系の話題が多かったと記憶しているのですが、今回は戦略的・ロジカルな話が中心でした。
セルフプロデュースで最も重要なのはどう魅せるのか「決める」こと。
(どう露出していきたいかという)時間配分を(Excel等で)計画して、それに沿って時間をマネジメントしていくと、2カ月後くらいには、グーグルカレンダーのスケジュールがその時間配分通りになっている。
※()内は私の補記
実際に佐藤さんが使っていらっしゃるExcelの計画シートや、各タレント(PR対象者)の分析を見せていただきました。

マスメディアでの露出に至るまでには段階がある。①Web上のプロフィールの充実、②Google等検索結果の内容の充実、③ウェブメディアでの露出をやっていくと、③facebookフォロー数、④twitterフォロー数が上がり、採取的に⑤マスメディアでの露出につながっていく。
PRを仕事としていらっしゃるだけあり「流行る」「マスメディア露出」を感覚ではなく戦略でとらえていらっしゃる点が印象的でした。

今後、私が編集を担当するKindle本の出版もありますし、私自身もセルフプロデュースが必要になることもあるかもしれません。その時には、教えていただいた戦略的な方法に落とし込んで、やってみようと思います。

くりこです。昨日から夫の友人の案内で金沢・富山旅行中です。

昨日は金沢散策。
回った経路
新幹線で金沢→グリルオーツカのハントンライス→妙立寺→箔一の金箔アイス→兼六園→金沢城→近江町市場→富山(夫友人宅に宿泊)

◎新幹線チケット予約
新幹線の予約はJR西日本ネット予約「e5489」を利用しました。
東日本なのになぜ西日本…?なのかは不明ですが、こちらで買うと安いプランがありました。東日本でも山手線内の駅などではチケット受取ができます。
無料の会員登録をすると申し込みできる「WEB早特1」というプランを使ったところ、2人合わせて約3,500円安く片道新幹線チケットをゲットできました。わーい。


◎ハントンライス
ランチは金沢のB級グルメ「ハントンライス」を食べに、老舗の「グリルオーツカ」へ。
ハントンライスというのは、エビフライとマグロフライをトッピングしたオムライスに、ケチャップとタルタルソースをかけたもの。
名前の「ハン」はハンガリー、「トン」はフランス語でマグロを表すトンが由来。ハンガリーの、パスタの上にフライが乗った料理に着想を得て、オムライスの上にマグロフライをのせるハントンライスが生まれた模様。

普通サイズのハントンライスを注文。メニューに「女性は小サイズがオススメ」と書いてあったけれど、お腹が空いていたので普通サイズにしてしまった。
ちょっと多かったです。女性の方なら小サイズをオススメします笑
ケチャップオムライスが好きなら、きっと気にいると思います。エビハントンライスというエビ増量バージョンもあるようですが、せっかくハントンライス食べるなら、マグロフライがのった普通のハントンライスがいいかと思います。

※グリルオーツカ
076-221-2646
石川県金沢市片町2-9-15 
https://tabelog.com/ishikawa/A1701/A170101/17000706/


◎妙立寺(忍者寺)
夫の希望で妙立寺という日蓮宗のお寺へ。武家屋敷で敵の侵入に対する様々な仕掛けが施されたお寺のため、通称「忍者寺」と呼ばれているらしい。でも、忍者との関係はない。
中の見学は毎時正時スタートの約50分ツアーでのみできる模様。現地で参加申し込みできました。

ツアー開始前、正直、寺みて回るのやだなーと思っていました。この炎天下の中、50分もぞろぞろ並んで寺をみて回るのなんて拷問だ…と。
HPみても、落とし穴とかあるんだなぁ、とはわかるものの、だから何?って感じで。
でも、実物はHPで紹介されているより遥かに見所が多くて。
写真撮影NGだったので詳細は記載できませんが、とにかくオススメです。

箕輪編集室イベント「人生の勝算(前田裕二著)」
プロモーション会議に出席してきました。
「人生の勝算」とは、先日、幻冬舎から出版された
SHOWROOM社長 前田裕二さんの処女作です。
今回のMTGは、この本を箕輪編集室でPRして、
もっと売りたい、その戦略を考えるものでした。

ゲストとして前田さんご本人もご登壇。
前半はこれまでのPR方法や、今もっているPRネタについての前田さん・箕輪さんのトーク。
PRネタの中で印象に残っている話については後述するとして、
今日はそのあとに行った「本を売るための施策」に関する
グループディスカッションとその全体発表に関する感想と自戒(こっちが多め)。

MTG後半は箕輪編集室メンバで「本を売るための施策」について
30分ほどグループディスカッションを行い、
その後、各グループ1案に絞って全体発表を行いました。

私たちのグループは、全部で3案アイディアが出たものの
案を1案に収束させられず・・・。
最後の最後、誰かの"鶴の一声(特に根拠があるわけではない)"で
グループ内で発言力のある人が出した
なんとなく面白そうなアイディア、
他のひとから突っ込みがなかったアイディアが
「グループのアイディア」として残りました。


そして、全体発表。
出る案出る案、
当初のディスカッションテーマであった
「本を売るための施策」にどうつながるのかの説明が甘い。
単に"PR方法"として聞く分には面白いアイディアだなあと思うし、
私個人としてはぜひ実現させてほしいものもあったけれど、
前田さん、箕輪さんとしては「本が売れるPR」がすべて

どのグループも(そして私自身も)、ディスカッション中
あるいは発表時間中、クライアント(前田さん、箕輪さん)
フォーカスできてなかった。
アイディアの選択軸が定まっていなかった。
あるいは、定まっていたとしても、
それは前田さん、箕輪さんが求めるものではなかった。

そしてもう1つ、発表では特徴的なことがあった。
それは、発表者はサロン内でも「発言力がある人」or
「みんなで仲良く発表」のいずれかだったこと。
つまり、結局、おそらく、前記したような「選択軸」をもって
グループのアイディアを決定したのではなく、
なんとなく雰囲気で、あるいは角が立たない形で、
決定したのではないかと思う。 


自分のグループの1案への収束の仕方や、 
全体発表での他グループのアイディアを聞いていて、 
30分程度の短時間、かつグループメンバはほぼ初対面という 
ディスカッションで結論を1つに絞ることの難しさを再確認しました。 
短時間で有意義な意思決定(アイディアの選択)をするためには、
早期にグループメンバでアイディアの判断軸・選択軸の
コンセンサスを得ることが重要
(その判断軸・選択軸がクライアントフォーカスしたもので 
 あることが重要であることは言わずもがな) 


・・・

かくいう私自身も無難に"鶴の一声"に流れた。
私はいつも「怖い」「角が立つ」と言われる。
そういわれたくないから、思うところはあったものの、
結局黙っていた。(こういう悪い癖がある)

でも、よくよく考えると、
かどが立たないように・・・と黙っていたことは
箕輪編集室メンバを見くびった行動だし、
編集室での活動を本気で自分の糧にしようとおもっている
メンバーに、とても失礼なことだったんじゃないかと思うに至った。

思っていることを率直に言うことも、
1つの信頼関係の示し方なのだと心に留めておこうと思う。

妊娠9カ月ももう半ば。
34週になりました。

そこで、ここまでの妊婦生活について
簡単に振り返ってみようと思います。
AXISIMG_0156_TP_V

まず、私が妊娠して最も意識したことは、
「ストレスを溜め過ぎない」ことでした


よく「妊娠しました~」と報告すると、
第一声は「おめでとう」なのだけれど、
その次にいわれるのは、
妊娠・出産・育児は「母親の自己犠牲」であることを前提とした
ねぎらいとあわれみの言葉。

「これからは自分の時間が持てなくなるね」とか
「仕事、やめなくて大丈夫なの?」とか

みんなが私のためを思って言ってくれていることはわかる。
でも、私は絶対、子どもに「私はあなたが生まれたから無理しているの」とか
「あなたのせいで人生の選択肢が狭まったの」とは思わせたくない。

むしろ「あなたがいてくれるから楽しいし、
あなたがいていくれるからこんな可能性にも気づけたよ」
そんなことを素で言える、ポジティブな母でありたい。

だから私は、妊娠中から
「こどものせいでXXできない」と思わない、
極力ストレスを溜めないマタニティライフを心がけました。


数々の気遣い上手な(≒お節介な)周囲や
育児書・ネットの情報によると、
妊娠中の妊婦には、
大量に「しちゃダメ」なことがあります。


生もの食べちゃダメ、アルコール飲んじゃダメ、
カフェイン摂取しちゃダメ、はげしい運動はダメ、
睡眠時間は7-8時間じゃないとダメ、
飲み会に行っちゃダメ、
ダメダメダメダメダメ・・・・

もううんざりです。
でも、世の中の妊婦さんには、これらのことを
まじめに守って生活している方が沢山います。
めっちゃ尊敬します。
・・・でも、私には絶対無理。
たべもの選ぶときに好きなものを選べないのはつらいし、
いちいち細かいこと気にしてたらストレスたまりまくって
アイスや甘いものを大量摂取し始めるのがオチ。

そこでいろいろ調べてみました。
すると・・・
「妊婦は免疫力が低下しているから」体調を壊しやすい
だから生ものは摂取しない方が無難
マグロなどの大魚は水銀を蓄積してるから
毎日たくさん食べるとよくない
がぶ飲みはさすがにNGだけどビール1,2杯程度なら
あまり大差ない
等等・・・
実は「絶対にダメ」なことってそうない。

そこで私はあくまで自己責任で、
・生カキ・生ホルモン以外の食べ物は何でも食べる
 (お刺身もチーズも大好物、やめられない)
・基本はノンアルだけど飲んでみたいワイン・日本酒・
 ウイスキーは味見させてもらう
・基本は麦茶やデカフェだけどたまにウーロン茶や
 緑茶も飲む(コーヒーしかないときはコーヒー飲む)
・辛いものも躊躇なく食べる
そんな感じの生活をしていました。

あと、面倒なので胎教は特にしていません。
なぜなら、胎教に関しても、
「読み聞かせておいたら産後、
その読み聞かせをすると泣き止む」という説と、
全然意味なかった~という説とがあるから。
でも、ポンポンおなかをけられたりするとなんかうれしいから、
気分が乗ったら、話しかけたり、
胎動に対しておなかを軽く押し返したりしています。

こういうマタニティライフが
産後にどうインパクトを与えるのかは、
現時点では未知数です。

でも、あまり気にしても仕方ないなと思うので、
生まれてくるその日まで、
ケ・セラ・セラでいこうとおもっています。

元気なこどもが生まれてきますように♡

箕輪編集室の飲み会・・・
「勢いのあるサロン」ってこういうサロンか!と慧眼でした。

まず、参加したメンバーが面白い。
PPIMGL1251_TP_V

宝塚が好きすぎて宝塚の役者のファンクラブグッズを作っていたら、
それが仕事になっちゃった、とか。
飲み会の中で「新しいゲームを作ろう」と企画が立ち上がったから、
明後日、北海道に行って、有識者にあってくる、とか。
大分の高校生なのに月の半分くらいは東京にいます、
今日の家がまだ見つかってないからだれか泊めてください、とか。

こういうメンバーが思い思いに自分のやってきたこと、
今後やっていきたいことについて話していく、
素敵な場でした。

サロン主宰の箕輪さんも、酔っ払っていたのか、
素なのか、いずれかは定かではありませんが、
様々なことについて(具体的にかけないのがもどかしい・・・!)
歯に衣着せぬ物言いで、
聞いている私が逆にびっくりしちゃいました。
そんなこと言っていいの!?(まあ確かに事実かもしれないけど)って。

そんなこんなな人たちの中で3時間過ごすうち、私自身も、
自分が囚われてきた「これはやっちゃダメ、言っちゃだめ」
という固定観念が解きほぐされました。

私も最後のほうは「私がしたいこと・してること」や
「やってみたいこと」等々・・・
人に負けじとペラペラしゃべり散らして帰ってきました。
あーすっきりした。

普段、周りからどう思われるか不安で
自分の思っていることを話せなかった
のですが、
みんななんとも思わなかったようです。
それどころか共感してもらえたネタまであって
(女性の昇進・バリキャリウーマンの話や、
 家事育児のアウトソーシングの話等等。
 ※席の都合上女性と話す時間が長かった。)
いままで考えていたことがすべて杞憂だったことが判明しました。

結局「周りからどう思われるか」っていう価値観で
行動様式を決めることは、
自分のやりたいことの実現等にとって、
百害あって一利なしなんだな・・・。

実りの多い飲み会でした。
※尚、余談ですが
 会費2,990円、3時間コースという驚愕のコスパでした。

↑このページのトップヘ