とつげき★マトはどこだ?

コンサルタントくりこのBlog ・コンサルタントとして思うこと ・サラリーマンとして思うこと ・ディベートを世の中に広めていて思うこと ・女性として妊娠していて思うこと その他諸々思うことについて発信しています

ストレングスファインダー2.0がでたと知り、早速書籍を購入・受験してみました。
150912335966_TP_V

ストレングスファインダーとは、弱みを改善するのではなく、人の強みに意識を向けそれを最大に生かすことで能力を発揮する、という考えのもと作られた「強み発見ツール」です。
書籍を購入すると付いてくるID(または1回15ドルの受験料)で30分くらいのオンラインテストを受けると、34種類の才能分野から、自分に合致する上位5つの分野を知ることができます。

なお、私のトップ5の特性は以下の通りでした。 
1.個別化 Individualization
2.未来志向 Futuristic
3.目標志向 Focus
4.ポジティブ Positivity
5.活発性 Activator

正直、受験中は、次の問題を回答している最中に
「さっきの回答、逆のほうがあってた気がする・・・」 
ともやもやしながらの受験でしたが、
回答結果は至極納得。
迷わずサクサクと回答を進めていって大丈夫なようです。

特に「個別化」が1番に来ているのは、
私の今のミッション・ビジョンとばっちり合致していて、
ちょっとうれしくなりました。
そう、私はひとりひとり違う個性を見出すのが好きだし、
その個性に合わせた方法でコミュニケーションをとり、
アドバイスをしていくこと、
それぞれが活躍できる方法を考えることに関心がつよい。

だからほかの人のキャリアに関する相談はwelcomeだし、
ひとりひとりの「働き方」について興味がある。
逆に、いろんなひとをまるっと束ねたような話はニガテ。

ストレングスファインダーをしてみて
うそー!!!というような発見はなかったものの、
客観的にも自分がなんとなく興味があると思っていたことが
私の「強み(特性)」として表れて、すっきりしました。
それから、書籍のほうに書かれている
「行動アイデア」が非常に勉強になります。
しばらくコピーを手帳に挟んでおいて、
もっと自分の強みを生かすため、
どんな行動をとっていけばいいか、考えてみようと思います。



私はもともと「『女性のための』キャリアセミナー」とか、
「『女性として』どう働くべきか」という
”女性”にフォーカスしたキャリアの考え方が嫌いでした。
当然、会社の「女性社員向け」イベントや
「ワークライフバランス」関係のイベントも完全無視。
今のように「”女性”起業家サロン」に加入する、
なんてことも、一切考えたことがありませんでした。

それは、自分が実際に結婚・妊娠するまで、
「キャリアを語る上において、自分が”女性”なのか”男性”なのかは、
 女性で損することもあれば、得することもある、
 なにかの得意不得意と同じようなレベルの話。
 キャリアアップや働き方において、
 あえて”女性”かどうかなんて意識する必要はない」
と思っていたからです。

当時も「産めるなら子どもを産み、そだてたい」とは思っていました。
でも「子どもを産む」ということについて
あまり具体的に意識できていなかったんだと思います。

そして何よりも「会社は『男女を公平に扱ってくれる』」と
信じて疑っていなかったんだとおもいます。
私が「『女性の』キャリア」を重視するということは、
男女のキャリア上の差異を認めてしまうことになってしまう。

私は、男性社員に負けたくなかったし、
現に別に負けてるとも思っていなかったし、
同じキャリアで生きる、と信じてガツガツ働いていました。
そういう自分がかっこいいと思っていました。

でも。

妊娠がわかってみて、キャリア上、
男女をおなじように扱えるなんて
幻だったんだなとわかりました。

会社に「妊娠している」と報告すると、
周りがとても祝福してくれて、
私の体調を配慮してくれるようになりました。

でも私はその周りの対応に、
とても感謝するとともに、
無視できないもやもや感を抱きました。
AKANE072122928_TP_V


私はつわりも特になかったので、
ある程度普通には働けたと思うし、
実際、働きたいという気持ちもありました。
ただ・・・

周りは私を配慮してくれているんだ
体調がいつ変化するかわからない中、
私に仕事を任せることはリスキーなんじゃないか
などなどなどなど・・・
ぐるぐると考え込むようになってしまいました。

この混乱は、これまでの私の男女に寄らない
キャリア観ではどうにも扱いきれないものでした。

このときはじめて、私は、キャリアを考えるうえで、
『女性』であることを考慮する必要があることに気がつきました。

本日は、女性起業家サロンの6/10(土)開催
オフラインイベントにお越しいただく
ゲストの「タスカジ」和田さんが提供していらっしゃる
「タスカジ」体験レポート、第2弾です。
タスカジHP

前回は会員登録までをレポートしました。

いよいよタスカジさん(家事代行ヘルパーさん)に
タスクの依頼をします★
今回依頼したいのは「食事の作り置き」

食事はできるだけ外食ではなく、
家で野菜たっぷりのものを食べたい・・・

そう思って、大きい冷蔵庫を購入してから、
一応、週末はつくりおき(らしきこと)を始めました。

しかし毎週末つくりおきのために
買い物・料理にトータル2,3時間も
かけ「なければならない」と考えるのはしんどい。
週末予定があって作り置きできないときもある。
そんな週は外食ばかりになってしまう。

この悪循環からどうにかして脱出できないものか・・・
と考えていた時に知ったのが、
「タスカジさんで作り置きを頼める」という情報でした。
※女性起業家サロンのオフラインイベント向けに
 タスカジ和田さんのインタビュー動画を見ているときに
 知りました。


旦那に
「9,000円くらいで食事の作り置きしてくれる
サービスがあるらしいんだけど、使っていい?」
と聞いたところ

「へー、そんなのあるんだ。
まあまずは試しに使ってみたら?」
とOKがもらえました。
家事のアウトソーシングに理解のある旦那で
非常に助かります。
(我が家のフロア掃除はルンバちゃん、お洗濯は全自動洗濯乾燥機)

そんなこんなで
「作り置き」を頼めるタスカジさんを
検索してみました。

今日は5/31(水)・・・
週末あたりに依頼できる人がいたらいいな~
という気持ちでタスカジさんを探したのですが。

い な い
池袋エリアにタスカジさんが少ないだけ?
土日不可の方が多いから??


直近2週間で開いている人も、
5,6人しかいませんでした。
それも空き枠は各1,2枠程度。

タスカジさん、大人気だ・・・

結局、今回初めての利用で勝手がわからないので、
タスカジさんからいろいろ教えていただきたい・・・
と思い、ベテランタスカジさんを選択。
6/6(火)の夜の枠を確保することができました。
依頼画面①

少々値段は高め(交通費込みで9,300円)だけれど、
まあえやろ。
※ルーキータスカジさんだと最安6,500円くらいから
 依頼ができるようです。
依頼画面②
決済は、3時間の作業代は事前決済(私はクレカを選択)、
交通費については直接タスカジさんに渡す形のようです。

次はタスカジさんとの事前のやりとりについて書きます(予定)★

6/10(土)女性起業家サロンのオフラインイベントでは
第1部の対談にタスカジの和田さん、
スナップマートのえとみほさんに
ゲストとしてお越しいただきます。

運営メンバーとして第1部のシナリオを考えるなかで
和田さんのこれまでの経歴やタスカジについて調べているうち、
ふと「タスカジ使ってみたいな・・・」と思ったので、
おもいきって、登録してみました★

タスカジトップページ
氏名、生年月日、住所だけでなく、
最寄り駅(+最寄り駅からのバスの所要時間)、

それから、身分証明書も登録必須とのこと。
ここまで入力したあと、
電話番号を登録すると、
SMSに認証コードが飛んできます。

認証コードを入力したら、
いよいよ登録完了★

・・・かとおもいましたが、
どうやら本人確認書類と入力情報との照合がある模様。
プロフィール確認中

確かに、他人の家に行くタスカジさんにとっても、
他人を家に招き入れる依頼者にとっても、
本人確認がしっかりされているかどうかは
最低限の安心を確保するうえで重要ですよね。

待つこと1時間程度で本人確認完了通知のメールが届きました。
※公式HPには24時間以内に承認、と記載されています
※ご参考までに、私が登録したのは5/31(水)17:00頃でした
確認完了
次はタスカジさんへのタスクの依頼について書きます★

「食事の作り置き」を依頼する予定です。

経沢香保子さん主宰「女性起業家サロン」のオフラインイベントにて、
運営メンバーからの対談ゲスト紹介を実施しています。

今日はその1回目に私が投稿させていただいた内容です。

*******************************************
イベント運営メンバーの後藤久里子(くりこ)です。
6/10(土)開催のオンラインイベントのゲスト
「タスカジ」の和田幸子さんのインタビュー動画をご紹介します。
〈イベント詳細ページ〉
http://peatix.com/event/265139/view

〈動画URL〉
http://mycompass.co.jp/int/post19043/
インタビューではタスカジ立上げの経緯、どんな使い方ができるのか、
どんな人が「タスカジさん(家事代行ヘルパーさん)」
として働いているのか?について語っていらっしゃいます。

私は今、出産準備中なので、出産後、
子供を育てながらの働き方に非常に関心が高まっています。
このサロンにも、子供がいて働き方に迷っている方、
今後子供を授かった時の働き方に不安を持ってる方がいらっしゃるかと思います。

ゲストの和田さんも、サラリーマン時代、
仕事と家事・子育てとの両立にすごく悩んだ経験から、
「タスカジ」を立ち上げたそうです。
今、ドラマ「逃げ恥」ブームから、家事代行は一般人でも頼めるんだ、
という認識が広まりつつあります。
動画を見て、私も、自分に手放せるところから手放していこう、と思いました。
通勤途中にでもぜひご覧ください。
*******************************************

この動画をみて、毎週末のごはんの「つくりおき」を
タスカジさんに頼んでみたいな~と思いました。
旦那に聞いてみたら「試しにやってみたらいいんじゃない?」とのこと(ありがたや)。

イベントまでに1回くらい試せるだろうか??
頼んだらレポート書きますね♡

↑このページのトップヘ